さてさてオートウェイ様&ナンカン様よりご招待頂いた台湾旅行の続きです!

台北101での観光が終わり、お次は足裏マッサージ!

こんな感じの外観。
店内も非常にきれいで、日本のスーパー銭湯のような清潔感レベル。
早速マッサージを楽しもうとすると、事前に一度足湯のようなものに入ります。
台湾では何回か足裏マッサージに行きましたが、どのお店もこのスタイルなので常識なのでしょうね。

それでは待望の・・・


悶えるお隣様・・・。

同じツアーの方で激しいおばちゃんに当たったご様子。
こちらは痛くするなと言ってあるのであんまり痛くない。
反対隣りにいるオートウェイの方は余裕しゃくしゃくの笑顔です。
こっちも少しは痛いのですが、オートウェイの方は全く痛くないとの事。
やってるおばちゃんに「こっちの人ももっと痛くしてよ!」と頼みましたが効かないご様子。
さすがはオートウェイの取締役・・・、勝てる気がしない・・・。(笑)

ちなみに私についたのはイケメンなお兄さん。
ニヤニヤしだすと急に痛くなるという・・・
確実に遊んでるだろ!!!


このイケメン。

このお兄さんに、「この後夜市に行くんだけど何かお勧めある?」と聞くと非常に親切に教えてくれました。
この店は是非お勧め!と言いながら場所まで教えてくれたわけですね。
こりゃ行くしかない。
ついでに隣の店のパイナップルケーキがすっごいうまいよ!と言ってましたがツアー中で自由時間じゃないので敢え無く断念。
反対隣には見慣れたお店が・・・。


吉野家!

台湾の吉野家のメニューはこちら。

うん、大体あってる。
値段は、1台湾ドルが3円程度ですので、牛丼いっぱい372円。
うん、大体あってる。

バスに戻るとなんとタピオカ入りミルクティ?が配給されました。
マッサージ受けると喉が渇くからでしょうか?NANKANGさん、異常に気が利きます。
むしろクレーマー対策で呼ばれた私がこんな厚待遇を受けていいのだろうか・・・。

一同いったんホテルに戻って夜市へ!
とりあえず店を色々撮ったので写真ラッシュでいきます。

台湾の夜市はこんな感じです!
どうでしょうか?正直毎日は無理!って思うほど八角のあまい匂いがすべての食べ物についてますが、観光で行ったら是非お勧めのスポットです。
台湾の人はパワフルですね!

と、忘れないうちに。
イケメンのお兄さんが教えてくれたこの店。


麻辣臭豆腐。後で聞いたらチェーン店らしく結構いろんな所にあるらしい。

出てきたのがこれ!


豆腐はマジで臭いです。

この世の物とは思えないクオリティですが、恐らく日本の納豆とかイナゴの佃煮も相当ゲテモノ扱いされるのでお互い様ですね。
とりあえずまずい。
一度は飲み干すものの、胃から湧き上がる臭いが秀逸です。
是非お試しください。
臭豆腐でも揚げたやつは反則です。まずくないです。
ちゃんと煮込みで罰ゲームを実施しましょう。

ちなみに相方が私の残飯処理をしているのがこちら。


まずいまずいと言いながら普通に食べるやつ。
えらいな・・・。

ちなみにですが、台湾の不思議生物オブジェ第二弾。イケフクロウ。
夜市入口に鎮座しております。


親子だし目が光るという進化具合。ちょっと怖い。

夜市だけでは飽き足らず、同じツアーの皆さんが帰った後も夜の街を徘徊してまいりました。
さすがに0時を過ぎると店も屋台も閉まってくるので殆ど食べる場所も飲む場所もない始末。
そしてもう一個、台湾には大衆居酒屋がない!
ほんとない!

夜中に営業している店を色々まわりましたがお酒の提供をしているところは皆無でした。
中心地に行けば違うのかもしれないですが夜市周辺では見つかりませんでした。
っていうか町の汚い(すいません)食堂のようなお店はお酒ダメって感じの看板ついてるんですね。
酒類の販売許可が取れないとかなんか理由があるのかもしれないですね。
怖い人たちが仕切ってるとか(笑)
結局台湾の夜の街を徘徊してその日はホテルに帰りました。。。

翌日は朝から出発して、台北から一路南下。
目指すはナンカンタイヤさんの工場へ!ついにタイヤ要素が出てきました!

南下最中にガイドの劉さんが大活躍しておりました。
一生懸命日本語でガイドしております。
中でも「なんじゃそりゃ」って思ったのは、椰子の一種で濱椰?ってやつです。
ピンロウって読むようですね。
劉さん曰く「気持ちを上げる化学の物質が入ってて、人体に有害なんです。噛むたばこみたいなので、あんまり取りすぎるとほっぺたを全部取る手術をしないといけないんです。運転手の人がよく眠気覚ましに使ってます。」(大体原文まま)

ちょーこわいんですけど・・・。

とりあえずは前向きに解釈しましょう。
まず、気持ちを上げる化学の物質、これはおそらくアルカロイド系化学物質なんだろうと勝手に解釈。噛みたばこってことはガムみたいにクチャクチャするんでしょうね。
椰子系の種類の植物の根っこから抽出できるような話をしてたので恐らくそういう感じなんだと思います。
日本では違法なんじゃないかそれ、と思いつつも説明に耳を傾けると、ビキニのおねーちゃんが信号待ちの車に売りに来るらしいです。
それは男として見なければ!と思ったものの、近年取り締まりが激しくなって都市部ではいなくなったとの事。
無念・・・。

とまぁ楽しい話をしながら向かったナンカンタイヤさんの工場。
まだ着かないなーと思いながら外を見ていると車屋さん発見!
しかもナンカンの看板ついてる!


ほうほう。

日本でいう所のトラックセンターみたいな感じかな。
リフトないけど。。。。
ぱっと見た感じ大きくても19.5インチあたりまでですね。
右側の廃タイヤは全部乗用車用に見えます。

リフトなしでタイヤ交換してるのかな・・・。
地獄やな・・・。
などと妄想しながらバスに乗っていると・・・


出た!ここだ!間違いない!ナンカンタイヤさんだ!

中に入るといきなり会長と社長登場。
あまりのビックゲストにドン引きの一行。
え?しかも名刺くれんの?え?え?どうなってんの?俺たちそんなビッグじゃないし名刺出せない恥ずかしい死ぬ。
こんな感じの気持ちで土下座する気持ちでハハーッてお名刺を受け取り恐れおののいていたもんで写真も撮れてないです。

始まるプレゼンテーション。


え?南港で始まったからナンカンなの?知らなかった・・・。

1959年に設立されたナンカンタイヤさんは、30年以上に渡り日本市場でタイヤを販売し続けており、
総数なんと9000万本以上。
立派な数字ですね。
ドイツのTUVを始め輝かしい表彰歴や審査合格品質を現在も維持・発展しております。
その中でもナンカンさんイチ押しなのはNS-2Rっていうスポーツタイヤ。
こいつの性能がすごいんだぞってのを工場の中で拝見するという流れ。

残念ながら工場内は撮影禁止でございました。
ぶっちゃけブリヂストンに勤めていたので個人的にはそんなに珍しいものじゃないですが。
なんにせよ言葉でのご紹介になっちゃいますが、私の個人的なナンカンレポートをさせて頂きます。

クチコミや評判などを色々と見ており、正直どうなんだろうなーと思っておりました。
その視点からの個人的な評価です。

1.仕上がり品質 ★★★★☆
商品の仕上がり品質は決して悪くない、というかむしろ国産タイヤメーカーとほぼ同レベルです。
タイヤの製造ラインをみんなで興味深く見てるなか、私は工場内に貼ってある標語とか、出荷基準を見ておりました。
その中でも、ベルトや加硫後の品質管理体制は非常に高いレベルで行っており、工場の稼働率が低いのが難点であるものの、
製品品質は非常に高いものを持っている様子。
工場稼働率が低いのも、ここの工場は現在工事中部分があったので仕方ないことなんでしょう。
稼働率が低いとスタッドレスタイヤの発泡具合のコントロールが難しいそうです。スタッドレスにはちょっとまだ心配が残るかな。
(超大手メーカーと比べての話です)
大型自動倉庫を建設中で、何億円もの投資をしているとのお話でした。
ブリヂストンにもあったね!

2.製品部材品質 ★★★☆☆
部材の品質と製品品質は非常に似ているかもしれませんが、特に気になったのはゴムの材質。
やはり大手のタイヤメーカーがA級を全部かっさらっていくのでナンカンさんで使っているのはおそらくB級になると思います。
なんかニオイもそんな感じ。
かと言ってじゃあそれが悪いのかっていうとそういうわけでもないのがタイヤ。
某社もカーボンは最低レベルの材料を使っているけど品質は高いとかなんとか。昔知人に聞きました。
なんにせよゴム自体は素材としてはそれほど高級じゃないだろうというのが一点。
もう一点は、ミシュランさんしか実現できていませんが、ビードワイヤーは矢張り円状ではなく四角状に配置しているとの事。
ただし本数は国産メーカーと変わらないのでタイヤとしての製品品質は非常に高いものを実現させているようです。
この辺はミシュランさん以外みんなそんな感じですので気にならないかもですね。

3.生産能力 ★★★★☆
国産大手メーカー(某社)の中でも下位に食い込めるくらいのキャパはありそうです。
ちなみに19.5インチまでの生産財(トラックやバス等のタイヤ)も生産してるみたいです。

4.製品としてのキャパシティ ★★★☆☆
やはり安い部材を使っているメーカーさんの中ではぶっちぎりで高品質って感じがします。
ビードワイヤーの数にも驚きましたが、なにより評価できるのは製品品質へのこだわりです。
〇〇mm以下は出荷不可とか至る所に張り紙してあるわけです。(中国語)
最終出荷製品品質は誇れるレベルです。
この値段でこのクオリティ維持してるか!すごいな!ってのが正直な印象です。

5.OEM
某社さんのグループタイヤメーカーの超有名な会社さんのOEMもやってるみたいです。
(むしろ同じ日に見学も来てた)
ここのメーカーのOEMできるのかすごいな!ってのもプラス評価。

6.スタッドレスタイヤ
ツアーが一緒だった北海道のショップさんも北海道でも余裕で使えるとか言ってました。
むしろ雪に慣れてない関東人の方がシビアコンディションって気がしますが北海道で使えるのはすごいな!って思ったら、
どうやらテストコースに篩別のコースを使用しているようです。
BMWも使ってます。
ちなみにB社もD社も使ってます。
なぜかM社は使ってません。

そんなこんなで帰りのバスになると既に眠くなったのか相方もぐっすり。


寝すぎやろこいつ・・・。

いやー疲れた疲れた。
と思ったらまだまだ終わらない一日。


こんな感じの昔ながらの茶屋さんに寄らせて頂きました!

自分でゴリゴリとゴマみたいにすり潰して淹れるお茶らしい。


こんな感じ。
こいつ肝心な時には起きてる・・・。


ナンカンの秀才美女ハネさん。
楽しくお茶をすり潰す図。


ナンカンのかわいい系少女ドリス。
かわいいですね。

「かわいいー」って言ってたら顔を赤くしてました。純粋やね。


ガイドの劉さん。
流れで「かわいいー」って言ったら吹いてました(笑)


一緒にツアーに参加した仲良し夫婦さん。
うらやましい。


オートウェイの部長さんも上司に言われて笑顔で参戦。
さすがです!

とりあえずお茶はおいしかったです。
古き良き台湾茶屋って感じでした。
ただ、茶屋の店長?のご婦人が異常に高そうなアクセサリーを身に着けていたので大分儲かってるなって感じが否めないお店でした・・・。

どうやらここ周辺は観光地らしく、茶屋を出た後も周辺を散策。
大きいお寺?みたいなとこを見学して街中を散策。
日本の昔ながらの駄菓子屋みたいのがあったりとなんだか懐かしい気持ちになります。


観光地に似合わない文字を打ち出す会社。

盤石に儲かる。蓄えを!お互い助け合おう!的な。。。
すごい名前やな・・・。

帰りは再度高速道路で高雄へ!
途中のサービスエリア的な場所ではホットドッグみたいなのが売ってたので買ってみることに。


こんなんとか


こんなん。


これはコーヒー


カフェインがすごい入ってそうなエナジードリンク

ホテルに着くと変な生き物シリーズがお出迎え。

なんかすごいホテルだな・・・。とか思いつつ中に入ると・・・。


お。自転車か。

・・・・。


ん?

なんだこれ・・・。

サーカスかな(笑)

このホテル、部屋に入るとものすごいキレイ!

良いホテルだ!
ここにアイフォンの充電器忘れてオートウェイさんにご迷惑をおかけしました・・・。

晩御飯も豪華!

おいしく頂きました!

でもこんなんじゃ飲み足りない!
夜の街をGOや!
と思ったら結構みなさん飲み足りないご様子。
劉さんも誘ってみんなで飲みに行くことに。


オートウェイさんから御三方、取締役やら部長やら課長やら偉い人がいっぱいや。


ビールの売り子さんと一緒に。

これでも飲み足りないので今度は無理を言ってホテルのロビーで宴会。

相方は翌日起きていられるんだろうか・・・。

やっぱ寝てるし(笑)
ドリスも寝てるね(笑)

って事で翌日は爆睡モードの中ちょっと観光へ。


目を瞑るわたし。
安定のクオリティ。

そしてお次は今回の旅のメインイベント!
サーキット体験 with NANKANG NS-2R!

事前の勉強会ではラップタイムがBSのS001とそんなに変わらないどころか早いラップも。
他にもTOYOのR1RとかHANKOOKのR-S3とかの比較も出てました。
総合的にラップタイムデータだけを見ると、比較的耐熱性脳が他より高いのかなーと言った印象。
多分その分ドライグリップを少し犠牲にしているって感じのイメージです。
なのでラップタイムの比較を見ると周回数が増えてきた所で逆転し始めるって感じのタイムでした。

まぁサーキット走った後のタイヤ見ればわかりますね!


で、これが走ったあとのタイヤ。

およそ20周くらいしたかな・・・。

で、こっちがコンチネンタルさんのスポーツコンタクト。

UTQGでは、

TREADWEAR AAA
TRACTION AA
TEMPRETURE A

って感じの性能です。

見ての通り摩耗具合は相当なレベルです。
ちなみに15週くらいです。
その前に走ってた可能性があるのでなんとも言えないですが。。。

そう考えるとNS-2Rもなかなかって気がしますね。
こんど買ってみようかな。

その他にも色々な所に連れてって頂いて本当にNANKANGさんやAutowayさんには感謝してもし切れないです。
クレームしずらくなっちゃうなぁー・・・(笑)

最後はみんなで空港でパシャリと記念撮影!


一緒に参加した皆さん、終始騒がしいのが混じってしまい申し訳ありませんでした!
嫌な顔も一切せずにお付き合い頂き本当にありがとうございました。

そしてオートウェイさんもこんな旅行に参加させてくれて本当にありがとうございます。

そしてそして、最後になりましたがナンカンさん!
値段なりのタイヤなんでしょ?って思ってました!申し訳ありません!
これからは自信を持ってナンカンさんのタイヤをお勧めできます!

今後とも皆さん、宜しくお願いいたします!

お近くの志木市・新座市・三芳町・富士見市・ふじみ野市・所沢市のお車の整備・車検・タイヤ・鈑金塗装の事なら当店まで!
——————————————————-
■タイヤやオイル交換などの自動車の事なら・・・■
タイヤプロショップ&カーショップリンクス
埼玉県入間郡三芳町竹間沢164-1(川越街道・跡見女子大そば)
WEB:http://tyreshop-links.com
カスタム:http://links-auto.com
沖縄店:http://tyreshop-links-okinawa.com
TEL:049-293-9624
MAIL:info@links-auto.com
——————————————————-