こんにちは!カーショップ&タイヤプロショップLINK’Sです!
本日はいつも通りタイヤ交換のお客様。
車両はレクサスのRXです!

 


キレイですね!

ちなみに既に脱着してありますが、みなさんのお車は脱着するとき、してもらうとき、ちゃんと外していますか?
とりあえず脱着の話は後にして今回のタイヤ交換のお話から!

 


羽状摩耗ですね。

 

しかも結構重度です。
アライメントの狂いが心配されます。
ブロック欠けも見受けられます。
皆さんのタイヤは大丈夫ですか?
重量車になるとアライメントの誤差でも症状が出やすいですのでご注意ください!

 


組みあがってこんな感じ。
きっちり仕上がりました!

 

というわけで今日は2つ。
■脱着
■アライメント

のお話です!

まずは脱着から。
簡単に言えばちゃんと持ち上げて外してますかってことです。
外すときにちゃんと持ち上げて外さないとローターの後方円周上にあるアルミっぽい素材のカバー、こいつがすぐひん曲がります。
こいつには気をつけましょうね!

と、もう一点。
アライメントのお話です。

最近当店でもアライメントやってよってお客様増えてます。
機械が500万くらいするんでうちではまだ導入しておりません。
適当な機械入れてもお客様のお車に実施してお金を頂戴することは出来ないので・・・。

このアライメント。
調整箇所は何種類かあります。
まずは皆さん大好きキャンバー角ですね。
タイヤを上から見て接地部分が外側に出ているのがネガティブキャンバ。
頂点部分が外側に出るのがポジティブキャンバです。
レース車両なんかを見るとわかると思いますが、大抵はネガティブに角度調整して遠心力に耐えられるようセッティングします。
見た目もいいですしね。
ちなみにタイヤは圧倒的に内側摩耗となります。
まぁ角度にもよりますが。

お次はトウでしょうか。
進行方向の前から見てタイヤが外向いたり内側向いたりするやつです。
これも調整がずれてくるとタイヤに大きな影響がでます。
今回の羽状摩耗もその一種でしょうか。
例えばフロントタイヤは両側共に外側に向いている車、どこに向かって走るでしょうか。
正解は真ん中です。
ちなみにものすごい勢いでタイヤに負担が掛かります。
タイヤを削りながら走っていくとお伝えすると分かりやすいでしょうか。

そしてここからは滅多に調整しない部分。
キングピンオフセット(もはや死語になりつつある。)とキャスタです。
キングピンオフセットはさておきキャスターは今でもFR車両なんかで調整できる車も多々ございます。
こいつは言葉でお伝えするのが難しい。
ということで適当な感じで描いた図が下の物です(笑)

 


お前説明する気あるんか?って怒られそう。

違うんです!ほんと違うんです!
絵心がないのもそうですがマウスで適当に・・・いや適当じゃなくて心を込めて描いたらこうなりました(笑)

ちなみにグルグルがサスペンションと仮定して進めましょう。いや、そのつもりなんですが。
タイヤの中心から地面と垂直に上げた線から、サスペンションの角度。これがキャスターです。
言葉で説明できましたね。絵はいらない?まぁそう言わずに。
車の構造上の話ですが、FF車(フロントエンジン・フロント駆動)の車よりも、FR車(フロントエンジン・リア駆動)の方がキャスター角度がついております。
直進安定性は角度がきついほど良いのでFRの直進安定性はいいねっちゅうことです。
こいつが起き上がってきてしまうと直進安定性もさることながら、FR車はハンドリングに直結してきますので、調整可能な車は是非やっておきましょう。

というわけでうちでもアライメントテスター(アライメント測る機械)入れたいです。
最近は特に真剣に考えております。
外注で協力してくださっている会社さんがあるんですが、折角ならうちでやりたい。
やっぱお客様のお車の状態を細かく把握していないと、街の車屋さんて出来ないですもんね。

ってことで近いうちに導入するかもです!

 

 

お近くの志木市・新座市・三芳町・富士見市・ふじみ野市・所沢市のお車の整備・車検・タイヤ・鈑金塗装の事なら当店まで!
——————————————————-
■タイヤ交換やオイル交換、バッテリー交換などの自動車の事なら・・・■
タイヤプロショップ&カーショップリンクス
埼玉県入間郡三芳町竹間沢164-1(川越街道・跡見女子大そば)
WEB:http://tyreshop-links.com
カスタム:http://links-auto.com
沖縄店:http://tyreshop-links-okinawa.com
TEL:049-293-9624
MAIL:info@links-auto.com
——————————————————-