続きましていよいよ本題のATR SPORTさんに訪問させて頂いた部分を書いていきたいと思います!
前回記事はこちら http://tyreshop-links.com/2018/07/03/atr-sport工場見学ツアー/

ホテルに泊まった翌日はすぐにATRさんに向かって出発です。
やっぱり現地はアキレスの表記になってました。


相変わらず写真の質が悪くてすいません^^;


ATR SPORTさん世界販売エリア


アキレス(ATR SPORT)タイヤ・ホイールセット

聞けばATR SPORTさんはインドネシアの財閥企業だそうです。
サッカーチームも持ってるみたいですね。
ですので会社もマルチストラーダグループって呼ばれてました。
現地で知らない人はいないレベルの会社みたいですね。(無関係な現地人に聞きました)
ナンカンタイヤさんもそんな感じでしたので日本のブリヂストンさんみたいなもんなんでしょうか。
財閥って言うとダンロップさんかな。住友だし。
ちなみにグッドイヤーさんのOEMもしているそうです。
GYのOEMとなるとそれなりのレベルが求められますね。

ナンカンさんの記事でも書いたような記憶がありますが、基本的にゴム農園のAグレード天然ゴムは大規模のタイヤメーカーが全て買い占めます。
つまり「アジアンタイヤ」とカテゴライズされるメーカーさんはBグレードとかの天然ゴムを使う事しか出来ないという事ですが、ATR SPORTさんは
土地柄もありゴム農園を既に所有しているようです。
ATR SPORTさんの完成品を見ても明らかに材質感が1級品と遜色ないレベルなのはこういった理由があるんですね。
CORSAブランドで出しているタイヤに恐らくはB・Cグレードの天然ゴムを使用しているのかと思います。
天然ゴムとブタジエンラバー等のざっくりとした配合率までは教えてくれませんでしたが、製品クオリティの高さ、
これまで技術をどうやって取り入れてきたかを提示するために下の写真資料を見せてくれました。


ピレリ、コンチネンタルと技術提携してたんですねー
受賞歴も華やか。

信用してきた・・・。
うーん、だまされないよ!
まだまだこんなもんじゃだまされないよ!


へー・・・。EUのウェットラベルもA評価なのか・・・。なかなかやるじゃん・・・。


ベルト状試験機の上でのコーナリングパワーテストグラフ。
同等レベルか・・・。すごいな・・・。

まぁ自社データだからね!
なんとでも言えるよね!!

・・・。
とりあえず製造過程を見てみないとなんとも言えないかな!(汗)
工場見学中は撮影禁止だったので撮影は出来ませんでしたが使用機械は10年くらい前にブリヂストンで見た光景と変わらなかったですね。
機械の台数など細かい部分はブリヂストンに敵わないですが、その辺りは販売本数を考えれば仕方ないですね。
とりあえず10年後には世界的なメーカーになってそうです。
資本も相当潤沢にあるようなのでこれから伸びていくタイヤメーカーで間違いないでしょうね。
ナンカンタイヤさんより工場は整然としており、むしろに日本の工場に近いです。
それぞれの製造ラインが動線確保されており、作業スペースもミニママイズされていて非常に効率的に作られた工場でした。
ナンカンさんはこの辺りはもう少し学ぶところがあるように思います。

ただ、ATR SPORTさんのスタッドレスタイヤを勧められましたが残念ながら見た目も触った感触もヨーロピアンウィンターに近いはハードコンパウンドでした。
スタッドレスタイヤはNANKANGさんの圧勝ですね。
氷上性能は高くても雪上性能は高くないパターンのタイヤでした。
ナンカンさんのスタッドレスはかなり日本製品に近いクオリティを出しているので信頼できます。
弊社従業員も1シーズンナンカンスタッドレスを履いていますがスキー場に何度も通っていても全く問題なかったようです。(装着車両:オデッセイ)
ATRさんのはピレリ・コンチネンタルと技術提携していただけあって2社のヨーロピアンウィンタータイヤって感じですね。

サマータイヤはATR SPORT!
スタッドレスはNANKANG!

この二本立てがベストな選択肢って気がします。
ナンカンさんのサマータイヤも高いクオリティを出してます。
特にプレミアムスポーツタイヤはナンカンさんに分があるように思います。
この辺りはレース参戦の歴史に厚みがあるという事も大きく寄与しているかと思いますが。

CORSAなどのセカンドラインは少々不安が残りますね。
タイヤを組んでいてもビードのセパレーションが起こったりすることがあるのでセカンドラインは選択肢から外します。
ATR SPORTとNANKANGタイヤさんで間違いはなさそうですね。
スタッドレスはNANKANGさん一択な気がします。

このチョイスで相当なコストカットが出来ますので国産タイヤを買おうって気にはもうならないですね。わたしは。
それでもブリヂストンやダンロップさん、ミシュランさんは相当なレベルのタイヤを作っていますのでそれに慣れた方々が履き替えると不満が残るかも知れませんね。
その辺りはコストパフォーマンスって言葉になっていってしまうと思うので個人の感覚でですから言及は難しいです。
とりあえず当店としてはATRさんとナンカンさんは信頼していいタイヤメーカーさんという事が非常によく分かりましたし、これからお客様にも安心して勧めることができそうです。

最後に製品的な特長ですが、
ATRさんは、静粛性はやや弱いものの、ドライグリップとウェットグリップに非常に高いウエイトをおいていて、低燃費タイヤというカテゴリーには決して入らない基本的なタイヤを作るのが非常にうまいメーカーさんだと思います。
UTQG表示はメーカーの申請したものが刻印されるだけなので信頼性はそう高くないですが(目安にはなります)、EUのラベリング制度でも評価を取っている以上はやはり高いレベルのタイヤを作っていると思います。
日本のラベリング制度のように天下りだかメーカー出向だかの団体がなぁなぁでつくってるのとは全然違うのであっちの方が信頼できますね。
怒られちゃいそうだからこれ以上言いませんけど。

とりあえず以上でATR SPORTさんの工場見学レポを終えたいと思います。
バリ島にも連れて行ってもらえたので気が向いたらバリ島レポでも書きたいと思います。

 

お近くの志木市・新座市・三芳町・富士見市・ふじみ野市・所沢市のお車の整備・車検・タイヤ・鈑金塗装の事なら当店まで!
BMW・MINIの事ならブッシュ交換から車検、バッテリーまで!純正部品も取り扱いしております。
——————————————————-
■タイヤ交換やオイル交換、バッテリー交換などの自動車の事なら・・・■
タイヤプロショップ&カーショップリンクス
埼玉県入間郡三芳町竹間沢164-1(川越街道・跡見女子大そば)
WEB:http://tyreshop-links.com
カスタム:http://links-auto.com
沖縄店:http://tyreshop-links-okinawa.com
TEL:049-293-9624
MAIL:info@links-auto.com
——————————————————-