写真がブレブレです。ごめんなさい。
本日タイヤピットからお越し頂きましたK様。ご来店、タイヤ交換作業のご依頼ありがとうございます。
kimg0039

kimg0042
ご来店頂きました段階でこんな感じのタイヤでした。

エンジンルームを覗いても非常にキレイで大切にお乗りになられてるのがよく分かりました。
でもタイヤが・・・。
タイヤって高いですもんね・・・。

タイヤピットからのお客様でAutowayでタイヤをご購入されたようです。
当店の店頭でも直接画面を一緒に見ながらタイヤを選ぶ事が出来ますので是非次回はお試し頂ければ、どんなタイヤかご説明できると思います!
当店に直送頂ければタイヤを運ぶ際にお車が汚れる事もありませんので是非ご活用ください。

本日はそこでタイヤのタイプ別のお話。
細かいところまでは中々文字では話しづらいのでざっくりご紹介したいと思います。
大別してタイヤは2種類。
サマータイヤとスタッドレスタイヤってのがありますよね。
ヨーロッパでは日本のようなベチャ雪ってのが少ないのでウィンタータイヤって言ってスタッドレスタイヤより硬くてサマータイヤじゃないのかと疑いたくなるようなタイヤを冬季に装着しますが日本ではスタッドレスですね。
今回のお話はその中でもサマータイヤの種類にフォーカスしたいと思います。

サマータイヤは大きく分けて3種類。
スポーツタイヤ・コンフォートタイヤ・両者の中間に位置するバランス型のタイヤです。
本日はスポーツタイヤのお話。
re_71r
こちらはブリヂストンさんのポテンザRE-71Rですね。
まずはメリットから。
接地面を大きく取るデザインから分かるように、グリップ力が非常に高いです。それに加えてショルダー部分が非常に角ばってますよね。
これがあるおかげで路面情報をより多くハンドルに伝えてくれるわけです。スポーツ走行や山道などのワインディングを楽しまれる方はこういったタイヤが断然向いています。
当然ですが接地面を大きいのでドライ路面での制動力は非常に高いです。
逆に接地面を大きく取っているせいで排水性能は低くなってしまうため、雨の日にほかのタイヤに比べると滑りやすいタイヤになってしまいますね。
この辺は別の事情もあるのですがそれは後日ご説明しますね。
デメリットの説明を続けると、次がハンドリングです。
ハンドリングは基本的に路面の情報をハンドルに伝えて、それに対してドライバーがハンドルを動かしたりアクセルやブレーキで反応していく形になりますが、これって実は結構疲れる作業なんですね。
恐らく大半のドライバーさんはそんな事気にしないで運転されるんですが、長距離運転になると疲れという形でドライバーに跳ね返ってきます。
肩(ショルダー部分)が張っているタイヤは路面情報をより多くハンドルに伝えますが、反面多すぎる情報は脳を疲れさせてしまうわけです。
恐らく皆さんが一番この路面情報という単語で実感されるのは道路のわだちですね。
わだち(感じが難しい)の上を走る際にハンドルが取られやすいのは圧倒的にこのスポーツタイヤなんですね。
逆の特性を持っているタイヤはわだちでもスポーツタイヤと違ってハンドルは取られ辛いわけです。

最近ではブリヂストンさんを始め、「運転がラクなタイヤ」なるものが売られていますが、ぶっちゃけて言えばハンドルに伝える情報を極力少なくして、直進安定性を高くしているだけの商品です。
確かに実際に同じ路面を違うタイヤで運転すれば格段に楽です。間違いない。だからワンボックスとかファミリーカーなんかには非常におすすめです。
フラフラすると同乗者の車酔いも誘発しますし、運転者自身がつかれる事になります。
ついでに言うとショルダー部分がなで肩の形になっている方が排水性能が高いんですね。この辺も後日にしますが。

そんなわけでハンドルに伝わる情報が非常に多いのも、使い方次第ではデメリットになっちゃうわけです。
それに加えてロードノイズです。
これ、お客様から結構相談されます。
スポーツタイヤは接地面を大きく取っているので、路面と接地する面積が広いのは当たり前ですね。
接地する面積が広ければ広いほど、当然ですがタイヤと路面が当たって出る音も大きくなるってわけです。

BMWなんかでは車がスポーツ志向を加味しているので、コンフォートな車なのにスポーツタイヤを装着していたりします。
正直私がディーラーさんに聞かれても正直に「コンフォートタイヤをお勧めして下さい」とは言えなかったですね。
ただこれ、BMWでは昨今、サスペンションやブレーキ性能も加味したセッティングがされているので、新車時のフィーリングは間違いなく失われちゃいます。
要するにお客様がどんなタイヤが欲しいのかによるんですが、やはり正規ディーラーでは新車装着タイヤをお勧めしないといけない大人の事情があるわけですね。

そんなこんなで簡単にはなっちゃいましたが本日はスポーツタイヤの解説でした。
当店ではお客様のお車の特性と、お客様がどんなタイヤが欲しいかによっておすすめするタイヤが全く違います。
まずはご来店頂き、ご相談頂ければ適格なアドバイスが出来ると思いますので是非ご来店ください。
安いタイヤが欲しい!というお客様には安いタイヤしか勧めません!
安いタイヤのメリットやデメリットをご説明した上で、ちゃんと納得して頂ければどんなタイヤも販売致します。

スタッフ一同、皆様のご来店を心よりお待ちしております。

お近くの志木市・新座市・三芳町・富士見市・ふじみ野市のお車の整備・車検・タイヤの事なら当店まで!
——————————————————-
■タイヤやオイル交換などの自動車の事なら・・・■
タイヤプロショップ&カーショップリンクス
埼玉県入間郡三芳町竹間沢164-1(川越街道・跡見女子大そば)
WEB:https://tyreshop-links.com
カスタム:http://links-auto.com
沖縄店:http://tyreshop-links-okinawa.com
TEL:049-293-9624
MAIL:info@links-auto.com
——————————————————-